カラーコンタクトとディファインは別物? 違いを理解して使いわけよう!

カラコンの老舗!日本最大級の売れているカラコン専門ショップ

カラコン人気No.1「007速配コンタクト」公式サイトはこちら

カラーコンタクトとディファインどっちのコンタクトを購入しようか迷っています。どちらも目が大きく見えるという効果があり、印象的な顔になれそうというのが魅力ですね。

 

どうやら、カラーコンタクトは全体に色がついているもの、ディファインは枠だけに色が乗っているものという違いがあるみたいです。当然、枠だけに色があるディファインの方がより自然な印象になるかと思います。実際、ディファインを入れていて自然過ぎて裸眼と見間違えられるということもあるそうです。

 

また、色が乗っている範囲が少ないということは、それだけ目への負担も少なくなるということです。カラーコンタクトだと目が乾いてしまう、目が疲れるなどの症状がある方は、ディファインならカラーコンタクトに比べて目が楽になると思います。

 

そうなると、自然な印象で目にも優しいディファインのほうが優れているように思えますが、見た目の印象の華やかさや、目の大きくなり方、カラコンをしっかり入れているという印象を与えられるのはカラーコンタクトの方です。やりすぎると不自然になってしまうこともありますが、印象的な目を作ることができます。

 

したがって、ディファインとカラーコンタクト、どちらがいいというわけでなく、自分がなりたいイメージ、体質、顔立ち、髪型などに合わせて使い分けるのが正解ではないでしょうか。コンタクトを入れていることを周囲にばらしたくない、目が疲れやすいという方はディファイン、より目を大きくしたい、強調したいという方はカラーコンタクトをおすすめします。あと、ディファインはレンズカーブが小さいものしかありませんので、レンズカーブが大きい物を使用している場合はカラーコンタクトのほうがバリエーションが豊かということもありますね。

 

どちらのコンタクトレンズもそうですが、やはり普通のコンタクトレンズよりは目に負担がかかっています(ディファインでさえも)。なので、カラーコンタクトレンズで目が疲れるならまずディファインにしてみて、それでも解決しないようなら色無しのコンタクトレンズに戻してみるといいかと思います。

カラコンの老舗!日本最大級の売れているカラコン専門ショップ

カラコン人気No.1「007速配コンタクト」公式サイトはこちら